お断りのマナー

お見合い関連の記事を書いています。

縁あってお見合いをしてみたけれど、どうしても結婚に
至らないこともありますね。

お見合いでお付き合いをお断りする場合の
マナーについて考えてみましょう。

まず、身上書をかわした時点で、相手が条件や希望に
合わないと判断したときは、仲人さんに早めに断りの電話します。

お断りする理由は、漠然としたものよりも
「転勤が多いのは実家の事情があり望まない」など
具体的なほうがよいのですが、当然お相手を
傷つけるようなことを言うのは許されません。

その際、身上書は仲人さんに返却するのがマナーです。


条件も希望にあっていて、実際にお見合いをしてから
しっくりとこなくてお断りする場合、本当に
心苦しいとは思いますが、しっかり仲人さんに
具体的な理由を伝えてお断りします。

この際、理由はなるべく相手のよい点を挙げ、
それに対する自分を下げてお伝えするのがマナーです。
「大変聡明で活発な方なので、引っ込み思案の私には
おつきあいする自信がない」など
お相手と紹介してくれた仲人さんに失礼のないように
十分に注意しましょう。

お見合い関連記事1でした。