お見合い、結婚するならまずはサービス比較


ネット上で、お見合いなどの結婚サービスを提供している会社はたくさんあります。サンマリエやオーネット、ツヴァイなどが有名ですね。

それぞれどんな特徴があるのか知りたい人は、こちらから無料で資料請求ができます。お金のかける分、お見合いや結婚を成功させたいですよね。

そのためにも、どのサービスが良いのか知ることは大切です。→無料資料請求

釣書(身上書)について

お見合いで必要になる釣書・・・いわゆる身上書のことですが
意外と、どんな風に書いたらよいのかわからないですよね。

一般的に、身上書に必要な項目は以下の通りです。

・氏名
・生年月日
・本籍地
・現住所
・学歴
・職歴
・身長
・体重
・趣味
・特技
・資格
・家族の氏名、生年月日、職業、学歴
・両親の出身地

用紙は白の便箋に縦書きをすればよいでしょう。
一番右端に「身上書」と書いてから書き始めます。

なお、家族の氏名以降は、「親族書」と書いて別記する場合もあります。

もちろん、お見合いの身上書には、上に挙げた項目全てを
書かなければならないというわけではありません。
女性の場合、体重など、控えたい項目は書かなくても
構いません。


ちなみに、お見合いの身上書はやはり自分で手書きするのが
よいようです。
その場合、当然鉛筆はNGで、万年筆かボールペンを使用します。

代理に頼める人もいなく、字の綺麗さにも自信がないという場合のみ、
パソコンやワープロを使用してもよいでしょう。

自分をありのままに伝えて、よいおつきあいになるといいですね。
お見合いについてでした。

条件つきの出会い

お見合いについていろいろと書いています。
結婚相手には、誰しもいろいろな希望条件があるものです。

例えば、年上の相手がいいとか、高収入・高学歴の男性が
いいとか、お医者さんと結婚したいとか(^^;

お見合いパーティの企画では、こういった条件つきの
パーティも開催されることがあるようです。

たいてい、条件つきのお見合いパーティは
条件をつける側の方が参加費用が格段に高くなります。
企画会社によって当然金額は異なりますが、わかりやすい
例えで言えば、医師の男性は千円、女性は1万円などです。

いい出会いがあるなら出費は惜しまない!という方には
もってこいの出会いの場ですね^^


よくある条件つきお見合いパーティは、年代を限定したものから
収入や学歴の参加条件があるもの、特定職業(医師・弁護士)の
男性と出会う企画などです。

ただ、企画側としても、参加者が集まらないことには
お見合いパーティを開催できないので、例えば
「高学歴・高収入の男性」の企画だと、収入もしくは学歴の
どちらかの条件をクリアした男性であればパーティに
参加できるようにしていることがほとんどです。

そのため、どうしても特定の条件にこだわりたい方には注意が必要です。
お見合いに関連した記事でした。

結婚相談所のネットで出会う

真面目に結婚を考える出会いサイトも増えてきました。
特に、結婚相談所が設けるお見合いサイトは、
事前に審査・登録を行った会員限定のサイトなので、
安心して利用できます。

結婚相談所のお見合いサイトは、登録会員を
希望の条件を指定して、検索することができます。

最近では、より実際のお見合い感覚に近づけて
本人の写真はもちろん、動画でのメッセージが見られたり
するサイトも存在します。

無料の出会い系サイトと違って、有料での会員登録になるため
真面目に結婚を前提としたお付き合いを希望する場合に
大変有効なのが、結婚相談所のお見合いサイトです。

結婚相談所が運営しているので、お断りする場合も
角が立つことなく、安心です。

インターネットで登録会員を希望の条件で検索したり、
気に入った相手とはインターネット上でメッセージの
やり取りができるので、お見合いサイトは仕事が忙しい人にも
最適の出会いサイトです。

インターネットを活用していい出逢いが見つかるといいですよね。

パーティで出会いを探そう

お見合いに関するいろいろな記事を書いています。

お見合いパーティが全国各地で開催されていますね。
気軽な出会いの場が提供されるということで、
都市部ではどこの会場でもかなり盛況のようです。

お見合いパーティは会費数千円の場合が多いようです。

お見合いパーティは、2時間ほどで30名ほどの
異性と出会うことができるので、普段なかなか
出会いのチャンスがない人にとっては
またとない出会いの場ですね。
コンパよりも効率的という意見もあるようです。

お見合いパーティでは、まずは参加した異性全員と
各2分ほど話すことができます。
事前に簡単な自己PR用紙を用意している場合が
ほとんどなので、趣味などで自然に話題が作れます。

その後、フリータイムやイベントが2回ほどあるのが
ほとんどのお見合いパーティの流れであるようです。

お見合いパーティでは、1回に数組のカップルが
成立しているようです。

初めての場合や、一人で参加しても緊張しないように
スタッフがその場をもりあげてくれるので、
まずは気軽に異性と出会いたい、とお考えの方は
お見合いパーティに参加するのも一案ですね☆

以上、お見合い関連記事2でした。

お断りのマナー

お見合い関連の記事を書いています。

縁あってお見合いをしてみたけれど、どうしても結婚に
至らないこともありますね。

お見合いでお付き合いをお断りする場合の
マナーについて考えてみましょう。

まず、身上書をかわした時点で、相手が条件や希望に
合わないと判断したときは、仲人さんに早めに断りの電話します。

お断りする理由は、漠然としたものよりも
「転勤が多いのは実家の事情があり望まない」など
具体的なほうがよいのですが、当然お相手を
傷つけるようなことを言うのは許されません。

その際、身上書は仲人さんに返却するのがマナーです。


条件も希望にあっていて、実際にお見合いをしてから
しっくりとこなくてお断りする場合、本当に
心苦しいとは思いますが、しっかり仲人さんに
具体的な理由を伝えてお断りします。

この際、理由はなるべく相手のよい点を挙げ、
それに対する自分を下げてお伝えするのがマナーです。
「大変聡明で活発な方なので、引っ込み思案の私には
おつきあいする自信がない」など
お相手と紹介してくれた仲人さんに失礼のないように
十分に注意しましょう。

お見合い関連記事1でした。